技術情報

本山製作所〜Our Company!〜

PDFファイルをご覧になるには

お持ちでない方はAdobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の サイトからダウンロードをすることができます。

Adobe Reader

HOME > 技術情報 | 技術情報

MOTOYAMAの技術情報

調節弁は選定のしかた次第で、長期的に安定して使用出来るかが決まります。弁内部を流れる流体 には、様々な特徴と条件がある他、各種の規格が適用されます。
これらの条件を全て考慮に入れて 適切な弁が選定出来る様に、資料を用意致しました。
是非、有効に御活用下さい。


製品特性ページへ各種計算式ページへ

選定ガイド

弁の形式一覧と、用途及び、ジャケット仕様等のオプション仕様について紹介しています。
使用目的に合わせ、弁を選定する際の参考として下さい。

駆動部(アクチュエータ)の形式一覧とボデーの組み合わせを紹介しています。
弁形式の仕様を確認する際の参考として下さい。


流体温度や、弁内部を流れる流体性状に合わせて、ボンネットは選定されます。
特に、グランド パッキン部分からのリークを完全に防止出来るベロース式ボンネットは、多数の納入実績があり ますので、使用を御検討下さい。

流量特性や、バルブプラグの特性等、弁の基本性能の解説部分です。
用途に合わせ、各種の弁形式を適切に選定することが必要です。


弁の寿命を左右することから、キャビテーションやフラッシングについて、考慮することが必要です。
キャビテーションが発生する条件等を明記してありますので、参考にして下さい。

流体の仕様に合わせて耐食性や耐久性を考慮すること及び、規格等の基準に従い最適な材料を選定することが必要です。
材料選定の際の参考として下さい。


流体を直接制御する部分ですので、高い耐久性が求められます。
流体条件から判断し、最適な材料と硬度を選択し、耐久性を維持しています。
必要な硬度等を確認する際の資料として下さい。

各種換算式

常用される圧力単位の換算が行えます。
ゲージ圧力や絶対圧力等の確認用にお使い下さい。

常用される温度単位の換算が行えます。


常用される流量単位の換算が出来ます。
ガスや液や単位の違いで、計算式が異なります。
入力項目を確認し、御利用下さい。

ページトップへ