会社概要

本山製作所〜Our Company!〜

HOME > 会社概要 | コンセプト

本山コンセプト

時代の求める確かな技術を世界へ

「流体のコントロール」一筋に歩んできたMOTOYAMAは時代が求める多種多様な分野に挑戦し、最先端技術によるコントロールバルブの開発と供給を続けてきました。

そして今日、MOTOYAMAの商品は国内はもとより海外90カ国以上の国々に輸出され、それぞれの国の発展に寄与し続けています。

本山製作所は、プロセスオートメーション分野での流体制御機器メーカーで特に、石油化学・石油精製市場を中心としたプラント用調節弁、安全弁を製造・販売しております。 これらの機器類はプラントの種類や用途により、要求される性能が多種多様であるため、案件ごとの受注生産が基本となっております。そのような商品特性のため、お客様のプラントにおける流体条件を正確に把握し、それに最適の構造・材質・制御特性を有する商品を選定・推奨することが重要となります。

本山製作所は、永年蓄積された豊富なノウハウ・技術を活用し、お客様の流体条件に対して最適な提案をすることが可能です。


最近の動向としては、新エネルギー・環境関連分野への参入が増加しております。 具体的には太陽電池用多結晶シリコン、PCB無害化処理施設、バイオエタノール製造プラントなどへの取り組みなどです。

これまで80有余年にわたり培ってきた流体制御技術に、親会社である栗本鐵工所の技術を融合し、より高度なものにするとともに、お客様により広範囲なサービスを提供していきたいと考えております。

ページトップへ