会社概要

本山製作所〜Our Company!〜

HOME > 会社概要 | 沿革

沿革

流体制御一筋80有余年

1924(T13) 本山重寿により仙台に本山商会を創設し、冷暖房衛生工事設計請負に従事、かたわら東北大学金属材料研究所長本多光太郎博士のご指導を受け、金属ベローズ製作の研究を開始。
1928(S3) 金属ベローズ国産第1号を完成。その応用製品としてスチームトラップ、減圧弁等を商品化。
1938(S13) 北仙台に本社・工場を新設し、株式会社本山製作所と改組。

旧工場

1940(S15) 商工省より工業研究奨励金を受け、直読型測深機を商品化。
1950(S25) 空気作動式調節弁の製造を開始。
1952(S27) 陸用蒸気ボイラのばね安全弁(JISB8210)の日本工業規格表示許可を取得。
1958(S33) 日本原子力研究所の登録メーカーとなり、不漏洩弁を納入。
1968(S43) 暖房用スチームトラップ(JISB8402)の日本工業規格許可を取得。
1969(S44) 高圧ガスを設備、試験、製造認定事業所の許可を取得。
1973(S48)

カナダのW.G.エリオット社に空気作動式調節弁の技術を供与。

アメリカのクロスビー社より安全弁、リリーフ弁の技術を導入。

1978(S53)

#2800ダイヤフラムアクチュエータについてロイドレジスターより型式認定を取得。

大衡工場試験実験センターが完成、本格稼動開始。

ウォーターハンマーアブソーバ「ショックノン」が日本水道協会により型式承認取得。

汎用密閉型バタフライバルブ「モトシール」を発売。

鉄鋼プラント用の高温ガスサービス・ハイレンジアビリティバタフライバルブ「エキセントロー」を発売。

1979(S54) 日本水道協会の検査工場に指定。
1980(S55) ASME(アメリカ機械学会)スタンプN、NPT、NV、V、UV認定取得。
1981(S56) 高制御特性の偏芯回転プラグ弁「ジャイロール」発売。
1982(S57) 汎用の高性能安全弁JNO、JNBシリーズ発売。
1984(S59) TQC(全社的品質管理活動)を導入宣言。
1985(S60) 東北大学の技術指導を仰ぎ、通産省の重要技術研究開発補助金の交付を受けて、半導体製造ガスプロセス用ウルトラクリーンバルブ(UCV)を開発完了し発売。
1986(S61) パイロット式安全弁JPVシリーズを発売。
1987(S62) 多機能スチームトラップ#60「ユニトラップ」発売。
1988(S63) 汎用#3488小型調節弁「ミノ」発売。
1989(H1) ウルトラクリーンバルブ(UCV)井上春成賞をグループ受賞。
1990(H2)

ウルトラクリーンバルブ(UCV)工場増設。

ウルトラクリーンバルブ(UCV)科学技術庁長官賞受賞。

1991(H3) MAC1000 #3800シリーズ調節弁発売。
1992(H4) UCTSSI(Ultra Clean Technology System and Servis Inc.)を米国カリフォルニアに合弁にて設立、営業開始。
1993(H5)

CF92ファンコイル用一体型定流量弁「流調くん」発売。

UCVULシリーズウルトラクリーンバルブ発売。

高炉用光学バルブ発売。

全電子式地域冷暖房用調整弁「ZAOHシリーズ」発売。

UCMT(Ultra Clean Manyufacturing Technology Co.,Ltd.)に参画。営業開始。

1994(H6)

「ISO9001」認証取得。

宮城県大衡村に最新鋭工場完成。

本社・大衡工場

1995(H7) #3889新汎用グローブ型調整弁発売。
1997(H9) 高性能低騒音弁(NRV)発売(30dB以下)。
1998(H10)

配管取付状態にてメンテナンス可能で超高制御特性(300:1)をもつ、新型ジャイロール(#3993)発売。

#83-BS形シールリングバランスタイプ・ケージガイド形調節弁発売。

多機能スチームトラップ#62「ユニトラップ五重奏」発売。

1999(H11) 中国輸入ボイラー圧力容器安全品質許可認定取得。
2000(H12)

#83-BSH形高温用シールリングバランスタイプ・ケージガイド形調節弁発売。

UCV ecoシリーズ、IGSパーツ発売。

HAM-LET社とUCVの技術移転契約を締結。

2001(H13)

HAM-LET商品の日本総代理店契約締結。

UCV高圧用High Flow Valve発売。

各種プロセスのサンプリング用途に「ボトリングバルブ」を発売。

PCB分解槽用に「サンプリングシステム」を発売。

2002(H14)

プラント用スチームトラップ「SDV」を発売。

多機能ポジショナ「TZID-C200」を発売。

エミッションフリーが特長の内装ベロー弁#3889-IBを発売。

2003(H15) エミッションフリーが特長の手動ベロー弁「MHBSV」を発売。
2004(H16) UCV事業部門をHAM-LET社へ譲渡。
2007(H19) 会社分割によりバルブ製造・販売事業を承継し、株式会社栗本鐵工所(本社:大阪)のグループ会社として発足。
2008(H20) 株式会社モトヤマを吸収合併。
2009(H21) 「ISO14001」認証取得
2011(H23)

#16C形偏心回転ジスク弁を発売。

EA10S形インテリジェントバルブポジショナを発売。

ページトップへ